メニュー

院長ブログ

かかりつけ医って?(2021.06.02更新)

ワクチン接種もいよいよ粛々と始まりました。

自治体によって進捗状況に差異がかなりあるようですが、ワクチン供給は近いうちに充分な量になるとのこと。

接種の順番はいずれ必ず来ますので、焦らずに基本的かつ徹底的な感染予防を続けてその日を待ちましょう。

当然のことですが、ワクチン接種を終えたからと言っていわゆる「新しい生活様式」を崩すのは論外です。

従来通り、気を付けた生活は続けなければいけません。

頑張りましょう!

 

さて、今回の個別接種予約において、かかりつけ医、ないしかかりつけ患者という語彙を見聞きした方々は多いかと思います。

かかりつけ医の本来の意味をご存知の方が意外に少ないように感じるこの頃。

端的に説明いたしますと、「何でも相談でき、必要な時には専門医や専門の医療機関に紹介してくれる身近で頼りになる医師」(日本医師会のチラシより)を指します。

こちら側からしますと、高血圧症や糖尿病、痛風といった様々な慢性疾患を普段から定期的に経過を診させて頂いている方がかかりつけ患者さんということになりましょうか。

もちろん、上記の慢性疾患だけでなく、その他の疾患や定期的な健康相談などもそうですね。

経過を丁寧に診させていただいていますと、見逃してはいけない変化にも気付けますし、的確な対応が可能となります。

専門的な治療が必要な疾患の早期発見につながる可能性が大いに高まると言えるでしょう。

また、地域の医療機関として、ご家族皆さんの健康状態を把握させていただくことは、地域医療向上にもつながるのではないかなと自負しています。

まだかかりつけ医をお持ちでない方も、ご自分の健康を考える上で、ぜひ心に留めてみて頂ければと思います。

[caption id="attachment_3904" align="aligncenter" width="400"] パズルも新作を飾っています。藤城清治さんの「星空の木馬」 癒し度100%(妻いわく)の絵柄です。[/caption] [caption id="attachment_3590" align="aligncenter" width="400"] 私もかかりつけ医として日々励んでおります![/caption]

 

 

 

 

 

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME