メニュー

当院採用の新型コロナウイルス検査は。。

[2021.07.18]

厚生労働省でも新型コロナウイルス感染症の対外診断用医薬品(検査キット)として既に承認されている検査機器=ID NOW(アメリカ・アボット社製)によって行います。

遺伝子検査には様々あるのですが、当院採用のID NOWは等温核酸増幅法/NEAR法による検査によるもので、検査の迅速性及び結果の信頼性が特徴です。

PCR法も広義的に同じ遺伝子検査(核酸増幅法)の仲間に入りますが、NEAR法(等温核酸増幅法)の約13分以内に陽性・陰性の判定が出来るスピーディーさはかなりのメリットと言えます。

さらに、採用の際に私が重視したのが精度についてですが、こちらもPCRと同等の高感度(PCR検査との陽性一致率95%、陰性一致率98・4%)といった臨床試験結果が出ており、十分に信頼に足るものです。

厚生労働省の承認済みの検査ですので、陰性の場合は陰性証明として公的に認められます。

無症状の場合の検査は自費診療となりますが、何らかの症状があって確定判断が必要と診断した上での検査は保険診療となります。

検査は基本的に予約不要です。

感染拡大から地域医療を守っていく上でもこの検査の活用は大いに意義があると確信しています。

ご希望の方はご相談ください。

 

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME