メニュー

さて日常に。

[2020.06.23]

といって、以前と全く同じ日常ではないことは皆さんもお分かりのことと思います。

掲げられた新しい生活様式をそのまま守って生活するのは正直難しいように感じますが、それでもやはりワクチンが開発されるまでは様々に留意しつつ過ごしていくことが賢明だと言わざるを得ません。

大阪は幸いにも、現時点においてはいい傾向にあります。

第二波、第三波が来るか来ないか、来るとしてその規模の大小はさておき、今のうちに、次段階への準備を進めておきましょう。

 

新型コロナウイルス感染症の死亡率を高める危険因子は慢性呼吸器疾患、心血管疾患、高年齢、喫煙習慣だとされ、女性よりも男性の方が死亡リスクが高いとも報告されています。

また、重症化した方々の内、基礎疾患を有していたのは78%!

具体的には、糖尿病、心血管疾患、慢性呼吸器疾患、慢性腎疾患などでしょうか。

疾患とは異なりますが、肥満もまた危険因子のひとつだとされています。

現時点で上記の基礎疾患を有している方は、治療をきちんと続けましょう。

また、まだ上記の疾患だと診断されていない方も、肥満傾向にあるなら改善に向けて行動を起こす、喫煙習慣のある方もまた同様です。

新型コロナウイルス感染症にかからないように留意することと同列に、万が一かかった際に重症化しないような体調に整えておくことを置いて頂ければと切に願います。

WITHコロナ、、WITHしたくはないですが、しばらくは待合室もこんな感じ↑になります。

落ち着かないとは思いますが、ご了承ください。

 

 

 

 

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME