メニュー

海外渡航の方への新型コロナウイルス検査・英文証明書の発行について

【海外渡航の方対象の新型コロナウイルス検査・陰性証明書(英文)発行の実施について】

 

当院は、所定の基準に基づく審査を経て、TeCOT=海外渡航者新型コロナウイルス検査センター(経済産業省・厚生労働省両省による運営)の登録医療機関として、またハワイ州推奨医療機関としてハワイ州保健局より認可(現在は証明書不要ですが検査は推奨)されております。

ビジネスをはじめ、ご旅行・ご留学など様々な目的で海外渡航のご予定がおありの方に、新型コロナウイルス検査(等温核酸増幅法NEAR法、PCR検査/real time RT-PCR法の2種類の検査)及び英文による陰性証明書を発行いたします。

 

●NEAR法=ID NOW/Abbott(検査装置・装置製造会社)

 

●real time RT-PCR法=遺伝子解析装置AutoAmp/島津製作所 SHIMADZ(検査装置・装置製造会社)

 

検査に使用している各々の試薬は、新型コロナウイルス感染症の体外診断用医薬品(Abbott製・島津製作所製)として厚生労働省に承認されています。

皆様の一助になれば幸いです。

 

① ご予約について

診療時間内にお電話(072-684-0363)にてお願いいたします。

出国日・フライト時刻から逆算して、渡航先国の求める有効な受検期間内にご予約をお取り下さい。

過去2週間の体調の状態やご自身が濃厚接触者にあたっていないかなど、お尋ねさせていただきます。

 

あらかじめ当院の標準書式(下方に掲載=TeCOTの書式を参考に作成)をご覧頂き、渡航先国が入国に際して求める検査方法かどうか、記載項目に不足がないかどうか、国々によって求める内容が異なりますので、必ずご自身でご確認の上、ご予約下さいますようにお願い致します。

不足項目がある場合、空欄に記載して認められる国もありますので、その場合はご指示ください。

 

また、情報は感染状況の変動に伴って流動的ですので、外務省海外安全ページや渡航先国の大使館HPなどで最新の情報入手に努めて下さいますようにお願い致します。

 

*2022年7月1日より、中国への渡航前PCR検査/1回目のみ(TeCOT登録医療機関)お受け頂けることになりました。お渡しする陰性証明書は、当院の標準フォームに中国及び日本両国の連絡先電話番号を入力したもの(このフォームで有効との確認済み)となります。

当院は中国の指定医療機関ではないですが、今回の措置により、1回目のPCR検査実施のみ認可されました。

 

検査のご予約可能な曜日・時間帯は原則として、月・火・水・金⇒午前9時~11時45分、午後17時~19時15分/木・土⇒午前9時~11時45分となります。

 

午前11時以降・午後6時半以降をご希望の場合は、有症状の方の予約診療時間帯になっていますので、お車でご来院可能の方のみ、駐車場(車内で受付・問診・採取・会計)での対応とさせていただきます。

(お車でのご来院が難しい方はご相談下さい。)

 

また、おそれいりますが、一日の自費検査枠/各検査数には限りがありますので、ご希望のお時間帯にご希望の検査方法にてご予約をお取りいただけないこともありますこと、ご了承下さい。

(当日お急ぎでご入用の方は、枠が空いている場合もありますので、お気軽にお問い合わせ下さい。)

 

② 検査当日について

当日は、有効期間内のご自身のパスポート(原本)と保険証をご持参下さい。

受付窓口にて、パスポートと保険証を拝見し、ご本人確認をさせて頂きます。

~流れ~

1)    受付にてご本人確認のためのご持参書類の拝見・受診申込書の記入・検温などをして頂きます。

2)   検査が可能かどうか問診を医師が行い、 検査方法と検体採取方法の説明を致します。

同意書(下方に掲載)を共にお読み頂き、必要事項をご記入願います。

3)   検査を実施致します。

当院の検査方法は等温核酸増幅法・NEAR法とPCR検査/real time RT-PCR法の2種類です。

検体採取方法はともに鼻咽頭ぬぐいとなります。

※診察及び 検体採取時は、感染防護の観点から当方はフェイスシールド・ゴーグル・感染防止長袖ガウンなど着用しています。

検査自体の所要時間は、両法ともに約15分です。

再検査となる場合がごくまれにあることをご承知おきください。

 

4)   陰性証明書の発行

検査の結果、問診・視診や検査データの内容により陰性との判断を致しましたら、証明書発行の手続きに入ります。

当院は、証明書の入力内容に間違いを防ぐためにも、ご本人にご確認して頂いた上でのお渡しとさせて頂いておりますので、郵送には対応しておりません。

 

*NEAR法の場合は、ご来院~問診・検査終了・陰性証明書発行まで最大約1時間ほどとお考え下さい。

*real time RT-PCR法の場合は、ご来院~問診・検査終了まで最大約1時間ほどとお考え下さい。

 

従いまして、PCR検査/real time RT-PCR法の全体的なスケジュールとしましては…

午前診9〜11時45分に検査⇒当日午後診17時半〜19時にお手渡し 

②午後診17〜19時15分に検査⇒翌日午前診9時半〜11時にお手渡し

③木曜午前診9〜11時45分に検査(木曜午後休診のため)⇒金曜午前診9時半〜11時にお手渡し 

④土曜午前診9〜11時45分に検査(土曜午後休診のため=翌週月曜午前診9時半〜11時のお手渡しとなります。

 

但し、木曜日及び土曜日のうちに、陰性証明書発行がご入用の方が多いですので、当日午後3時~3時半の間に証明書をお渡しさせて頂く枠を特別枠として設定(加算あり)しています。

ご希望の方はご予約の際にお申し出下さい。

(もちろん、お急ぎでない方は、翌診療日の午前9時半以降のお手渡しが通常となります。)

 

タイトな出国スケジュールの際は、くれぐれも受検時間にお気を付けてご予約下さい。

※検査結果が陽性の場合は、感染症法に則り、保健所に通知する義務がありますので、当院よりその旨を保健所に通知致します。

勿論、ご本人様にも陽性と判断した時点でご連絡致します。

その後の対応は、保健所の指示に従っていただきますようにお願い致します。

 

《お支払いにつきまして》

①NEAR法⇒17,600円(初診料・検査料・検査判断料・英文陰性証明書発行料のセット価格/税込)となります。

②real time RT-PCR法⇒22,000円(検査料・検査判断料・英文陰性証明書発行料のセット価格/税込)となります。

 

...real time RT-PCR法につきましては、木曜日・土曜日の同日午後に証明書発行の特別枠のみ、時間外費用2,200円を加算した費用24,200円とさせて頂きます。

全日休診に実施の場合は、4,400円加算させていただきます。(但し、要相談)

様々のこと、ご了承の程どうぞお願い致します。

 

領収書のお渡し先などのご指定などありましたら、ご対応させて頂きますので、受検時に受付窓口にてお伝え下さい。

お支払いは現時点におきまして現金のみとさせて頂いております。

どうぞ宜しくお願い致します。

 

● 当院の標準書式(サンプル)

 

陰性証明書の記載項目は以下の通りとなります。

名前(パスポート記載と同様の表記)、性別、年齢、誕生日、国籍、パスポート番号

…JAPANと入力していますが、外国籍の方も日本語対応が可能な方はお受けできますので、その場合は国籍を入力致します。

検査実施日、検体採取方法(鼻咽頭ぬぐい)、採取機関(当院)、検査方法( NEAR法またはreai time RT-PCR法)、結果(陰性・検出されず)、検体採取日時、備考(例:No remarkable findings =特に所見なし カッコ内は当日の体温)

証明書の発行日、医師の氏名、医師の医籍登録番号、医師の署名(英語)、当院の名称・住所・連絡先

 

※医師の署名は、検査結果が陰性と判断した後の手書き(英語)となります。

当院の英語表記による角印も署名と同時にサンプル書式同様に捺印します。

 

【陰性証明書が不要な国にご渡航される場合でも、様々な観点から鑑みて、証明書の発行は別としまして、事前に検査を受けられることはおすすめ致します。例えば、簡便但し高感度なNEAR法などでも陰性と判定した状態でご出発されることは後々役に立つと思われます。ちなみに、ハワイは現在でもハワイ入国前の自主検査を推奨しています。】

 

●同意書

当日、医師と共にお読みいただく同意書になります。

発行しました陰性証明書と、ご署名頂いた同意書のコピーをお渡ししております。

 

ご予約は診療時間内にお電話(072-684-0363)にて宜しくお願い致します。

NEAR法・real time RT-PCR法のふたつとも認可条件に承認されている国に渡航される場合などは、上手に使い分けてご活用いただければと思います。

(但し、一日の中で両検査数の可能枠がそれぞれ決まっておりますので、ご希望の検査でご予約いただけない可能性がありますことをご了承下さい。)

皆様の海外渡航の折、お役に立てましたら幸いです。

ご無事で行ってらっしゃいませ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME