メニュー

大腸の病気(大腸炎・大腸がん・大腸ポリープなど)

大腸大腸(盲腸、結腸、直腸)の病気には、大腸炎大腸がんなどがあります

過敏性腸症候群も、近年よくみられる疾患となっています。

大腸炎

大腸に炎症を生じる病気で、潰瘍性大腸炎やクローン病、ベーチェット病など、さらに様々な病気に分類されます。

潰瘍性大腸炎やクローン病は、大腸の粘膜に潰瘍・炎症等ができる病気で、特に、潰瘍性大腸炎は大腸がんを併発していることも多くあります。

自覚症状としては、血便や下痢によるものが多く、重症化すると発熱や体重減少、腹痛を伴うことがあります。

放置することで、腸閉そくなどの合併症を起こす場合がありますので、血便や下痢などの症状が出た場合は、早めに受診するようにして下さい。

大腸がん

大腸がんは、全てのがん疾患の中でも、近年増加傾向にあるがんです。

初期は自覚症状がないことが多く、健(検)診等で発見されるケースが多くあります。

早期の発見であれば、内視鏡による除去=侵襲の少ない手術で治療することが出来ます。

早期発見・早期治療が大きく予後に関係してきますので、定期的に検診を受けることが何より重要です。

 

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME