メニュー

お子様のアレルギー疾患について

当院では、お子様の気管支喘息、アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎、蕁麻疹(じんましん)、花粉症、食物アレルギー等のアレルギー疾患を診療しています。

アレルギー疾患は、症状の出方に個人差があります。

お子様それぞれの症状に即した生活上の注意、治療の進め方を分かりやすく丁寧に説明いたします。

十分にコントロールは可能ですので、一緒に頑張って行きましょう。

アレルギー疾患の診療について

小児のアレルギーは、下痢、嘔吐、腹痛、せき、呼吸困難、アトピー性皮膚炎、蕁麻疹(じんましん)、アレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎、発熱、頭痛、むくみなど多種多様な症状で表れます。

当院でよくみられる小児のアレルギー疾患は、アトピー性皮膚炎、気管支喘息、アレルギー性鼻炎及び結膜炎、花粉症、食物アレルギーです。

的確な診断、適切な投薬、丁寧な説明、親御さんの疾患に対するご理解が合わさって、当院における小児のアレルギー疾患の治療実績はとても良く、自信を持っています。

特に、小児のアレルギー疾患のコントロールの度合いは、親御さんの取り組み方に大いに左右されます。こちらもしっかりと当院の治療方針について説明いたしますので、よくご理解いただいた上で頑張っていただければと思います。

 

小児の食物アレルギーで、特に乳幼児がアレルギーを起こしやすいのは、卵、牛乳、大豆です。

その他にも、カニ、えび、米、そば、ピーナッツ、キーウィ、メロン、マンゴー、ニンニク、セロリなど様々です。

乳幼児は、気管支や腸管の粘膜の発育が未熟なため、アレルギー反応を起こしやすい傾向にあるのです。

アレルギーの原因を特定し、完全に日常生活から除去するのは難しいことです。お子様が何かを口にした際にアレルギー症状が出たため、疑わしい食べ物を片っ端から除去するという厳しい食事療法を行う方もいらっしゃいますが、行き過ぎた食事療法はお子様の成長にとって好ましくありません。

当院では、食物アレルギーに関しては、抗アレルギー剤の内服をしながら、アレルゲンと思われる疑わしい食物をじゅうぶんに加熱し、少量ずつ与えて経過を見ていくという方針に従って、治療にあたっています。

気管支喘息、アトピー性皮膚炎ほかアレルギー性疾患の治療につきましても、それぞれのお子様の症状をよく見、親御さんのお話をうかがった上で、適切かつ丁寧に治療を進めていきます。

また、アトピー性皮膚炎の場合は、皮膚の乾燥によるバリア機能の低下が大きな増悪因子となりますので、生活上の注意や皮膚の保湿の仕方のコツ(保湿剤の使用法など)についても詳しく説明いたします。

きちんと守っていただければ、コントロールは十分可能ですので、一緒に頑張って行きましょう。

お子様のアレルギー疾患について何かご心配なことがおありの方は、どうぞお気軽にご相談ください。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME